世界一周とタイ現地採用帰りですが

世界一周→タイで現地採用→日本に帰国していきなり家を買った人のブログ。海外に出たい人の背中を押します!

世界一周してからタイに住んだ理由。タイで5年住んでみて。

私は2年弱の世界一周をした後に、タイで暮らすことにしました。いろんな国を見た結果なぜタイにしたのか、タイで5年住んだけど実際はどうだったのか?をこの記事で紹介します。

 

世界一周→タイに住む

私は世界一周で45ヶ国を周り、旅の後はどこの国に住もうかなと考えながら色んな国を見ていました。

世界一周を終え、東南アジアに住んでみようと考えました。日本から近く、仕事を見つけやすそうで、文化的に肌に合うからです。旅をした中でミャンマーが大好きになったので、まずはミャンマーをターゲットに仕事を探しました。しかし当時は2013年、市場開放したばかりのミャンマーには日系企業が進出し始めている段階。そこまでミャンマーでの求人は多くありませんでした。いくつか誘いを受けた仕事もありましたが、やりたいと思えるものではありませんでした。そうこうしているうちにミャンマーの滞在期間マックスの28日間に近づき、タイに出てきました。

他の東南アジアの国に比べて、タイは住環境が良かったり、給料と物価のバランスがいいことは分かっていたので、ミャンマーから出てきて次はタイで就職活動をしてみました。するとたった3日ほどで2社からの内定を貰い、やり甲斐がありそうな仕事もあったのでタイで住んで働くことにしました。

ざっと流れを書きましたが、タイを選んだ理由諸々は以下の通りです。

・日本から近いので、何かしらの用事とかで日本に帰りやすい。

・仕事が見つかりやすい。

・やり甲斐のありそうな仕事があった。

・住環境がいい。

・タイ料理が美味しい。

・日本食を簡単に食べれる。

・タイ人はいい人が多い。

・シンガポールやイスラム国のマレーシア、インドネシアに比べて酒が安い。

・寒くない。

 

タイで5年間住んでみて

タイにして良かったと今でも思っています。では、振り返ってみましょう。

・日本から近い。→年数回は日本に帰れてました。日本から友達がたくさん遊びにきてくれました。

・仕事が見つかりやすい。→私は一瞬で仕事が見つかりました。

・やり甲斐のありそうな仕事があった。→タイを拠点に周辺各国を飛び回る仕事をしましたが、大変なこともあったけどやり甲斐は大きかったです。

・住環境がいい。→12,000バーツ(4万円弱ぐらい)の家具家電付き1LDK、プールジム付きのコンドミニアムとかに住みました。いい暮らしできました。

・タイ料理が美味しい。→毎日食べてたら飽きますけど、今でもタイ料理は好きです。

・日本食を簡単に食べれる。→よく居酒屋に行ってました。日本食材を買えるスーパーもよく使いました。

・タイ人はいい人が多い。→いい人もそうでない人もいます。

・シンガポールやイスラム国のマレーシア、インドネシアに比べて酒が安い。→よく飲みました。

・寒くない。→暑いです。ウォータースポーツのウェイクボードにはまって、年中楽しむことができました。

 

タイ生活は楽しく海外での生活を満喫でき、仕事もいろいろと経験積めたので、私にとってタイは良い国でした。結構お金も貯められていたので、夫婦二人だったらもっと長く住んでもよかったですね。タイで出会った日本人と結婚して子どもができたので日本に帰ってきましたが、いつかまた住んでみたい国です。